電磁波が太陽光発電のデメリット!?電磁波は悪影響があるの!?

 

身体に有害だとされている電磁波!
太陽光発電からも電磁波が出ているって本当?

 

太陽光発電 電磁波

 

携帯電話やパソコンの普及によって、人間の身体に有害な影響を与えると言われている電磁波。
電気を集める太陽光発電にも、同じことがいえるのではないでしょうか。

 

今、太陽光発電の導入を考える中で、電磁波の問題が囁かれています。
太陽光発電を設置したことによる電磁波の影響は本当にあるのでしょうか。

 

ここでは太陽光発電と電磁波の関係性やその影響
そして電磁波の予防法などをまとめていきます。

太陽光発電のデメリットは電磁波!?電磁波ってなに?

そもそも電磁波とは何なのか。
どんな場面で電磁波の影響を受けるのかを知るところから始めましょう。

 

電磁波とは「電気」と「磁気」の両方の性質を持つ波のことを指します。
電気の影響が及ぶ範囲を「電場」といって、磁気の影響が及ぶ範囲を「磁場」といいます。

 

この電場と磁場がお互いに影響しあって、電磁波の「波」がつくられているのです。

 

電磁波は一般に周波数で表されます。
周波数とは「1秒間に生じる電磁波の「波」の数」のことで、様々な種類があります。

 

身近にある周波数の中で数値の高いものから順に並べると以下の通りです。

 

・電離放射線…X線やガンマ線
・紫外線…太陽の光
・可視光線…人間の目に見える光全般
・赤外線
・電波…テレビ・ラジオ・パソコン・携帯電話から発生している電磁波

 

この中でも電波には周波数によっていくつかの種類があります。

 

電子レンジや携帯電話は「マイクロ波」と呼ばれる周波数の高い電波です。
高圧送電線から発生している電波は「低周波」と呼ばれる、周波数の低い電波です。

 

これらの影響を受けることによって、人によっては頭痛やめまい
食欲不振や倦怠感などの悪影響を及ぼす恐れがあると言われています。

太陽光発電の機器から電磁波が出る?どのような影響があるの?

太陽の光を集める太陽光発電も電磁波とは無関係とは思えません。
太陽光発電を導入した場合、その機器から電磁が発生することはあるのでしょうか。

 

太陽光パネルは直流の電力をつくる場所です。
そのため、磁場は作りますが、電磁波を発することはありません。

 

磁場は波ではないので、少し距離をおけば影響を受けることはないのです。
太陽光パネルは一般家庭であれば屋根の上に設置するので、距離が保たれています。

 

しかしこれで安心はできません。
実は電磁波を作るパワーコンディショナーが存在します。

 

太陽パネルで発電された電気は上記でも触れたとおり直流なのでそのままでは使えません。
そこで家庭で使える電流に変換する「パワーコンディショナー」という機械が必要なのです。

 

また、太陽光発電を行うと家の中では発電量が分かるモニターが設置されます。
発電量を知らせるやり取りは、太陽光パネルと無線で行われることが多いので、ここでも強い電磁波が発生します。

 

これらのことから、太陽光発電と電磁波が無関係であるとは言い切れませんし
太陽光発電が電磁波の悪い影響を受けないとは言い切れないのです。

 

電磁波への耐性には個人差があります。
パワーコンディショナーが屋外設置型か、屋内設置型かによりますが、屋内の方が影響は受けやすいでしょう。

 

屋外にあるのに電磁波の影響を受けるという人がいるのも事実です。
ですから太陽光発電を設置してから体調が悪いという場合、「気のせい」「精神的なもの」と決めつけてはいけません。

電磁波を止めたり予防する方法はあるの?

 

太陽光発電 電磁波

 

太陽光発電と電磁波の関係が分かったところで、電磁波対策はあるのでしょうか。
いくつか候補を見ていきましょう。

 

●パワーコンディショナーの位置を変える

 

太陽光発電で電磁波を発生させるのはパワーコンディショナーです。
電磁波の影響は発生源から離れれば弱まります。

 

パワーコンディショナーの市を見直すだけでも、電磁波の影響を受けにくくなります。
パワーコンディショナーが屋内にある場合は屋外に移しましょう。

 

これだけでも演じ葉の影響は大きく変わるはずです。
もうひとつ、気になる発電量を表示させるモニターですが、こちらは有線に変えましょう。

 

無線が飛び交わなければ電磁波は発生しません。

 

●電磁波を低減する材料を使用する

 

パワーコンディショナーの位置がずらせないのであれば、電磁波が身体に届かないようにするしかありません。
低周波磁場を吸収するシートでパワーコンディショナーの周りを覆うことで電磁波放射を低減できます。

 

このような電磁波を低減させる材料はネット通販でも手に入ります。
電磁波による健康被害に悩んでいる人は、多少値段が高くても検討しましょう。

 

電磁波対策が進んでいるドイツ製や国産の商品を選ぶと長く使うことができて
効果も感じられるはずです。

 

●太陽光発電をやめる、という選択肢も考える

 

電磁波に敏感な人の中には、何をしても体調が回復しない場合があります。

 

もし、病院で検査をしても異常がないのに、頭痛、吐き気、めまいなど治まらない場合は
思い切って太陽光発電をやめることも必要です。

 

せっかく導入したのに…と思うかもしれませんが
体調を崩してツラい思いをしてまで、続けなければいけないものでしょうか。

 

また一度、電磁波の影響で体調を崩してしまうと症状がひどくなる可能性もあります。
現代では電磁波をまったく浴びずに生活することは不可能に近いです。

 

家族の健康と発電のどちらが大切なのか、それが判断基準になります。

太陽光発電の電磁波によるデメリット|まとめ

いかがでしたか?

 

太陽光発電を利用する場合、パワーコンディショナーから電磁波が発生することが分かりました。
人によっては電磁波の影響を受けて体調を崩してしまうことが考えられます。

 

家庭用の太陽光発電と電磁波をまとめると…

 

・ソーラーパネルから発生する電磁波は、他の家電に比べて高いとはいえない
・パワーコンディショナーが原因という可能性もある
・電磁波を低減する材料を使用して、電磁波の影響を防ごう

 

様々な対策をしても、電磁波の影響による体調不良が治らない場合は
太陽光発電をやめるという選択肢もある、ということを頭に入れておきましょう。

関連ページ

太陽光発電のデメリットとは?損をする人にはある特徴がある?
太陽光発電を設置している家庭が増えていますが、本当にすべての家庭で利益が出て得をしているのでしょうか?残念ながら太陽光発電で失敗した家庭があるのも事実です。損をしないためにもメリットデメリットを確認することをおすすめします。
ソーラーパネルの反射光で近隣トラブル!?意外なデメリットとは?
ソーラーパネルによる近隣トラブルが急増しています。これはソーラーパネルが反射した光が近隣の窓やベランダに当たって、生活に支障をきたしているというものです。ソーラーパネルの導入が増えてきたからこそ分かるデメリットともいえるものですが、もちろん防ぐ方法があります。ソーラーパネルの反射光によるデメリットとその予防法についてまとめていきます。
ソーラーパネルの重量がデメリット!?屋根が落ちたり陥没する!?
太陽エネルギーを電力として用いる太陽光発電は、電力不足が深刻化している今、注目されているシステムです。しかしこれを家庭で利用するには、屋根にソーラーパネルを設置する必要があります。ソーラーの重みに家の屋根は耐えられるのか、その安全性についてまとめました。
太陽光発電のデメリットは天候による発電量の変化!?対策はあるの?
太陽の光を利用して発電する太陽光発電のシステムですが、太陽の光がなければ発電できないというデメリットがあります。天候による発電量の変化には、どのように対応すればいいのでしょうか。また対策方法はあるのでしょうか。情報をまとめました。