経年劣化が太陽光発電のデメリット!?発電効率はどれくらい下がるの?

 

太陽光発電も機械だから、経年劣化ってあるよね??
でも太陽光発電って20年30年大丈夫って言われたけど、本当に大丈夫なのかなあ…

 

太陽光発電 経年劣化

 

太陽光発電の耐用年数や寿命は、10年以上の長期とされています。

 

初期投資はかかりますが、長期間の使用による売電によって、その費用が回収できると説明を受けた方もいらっしゃるでしょう。

 

また将来の投資として、導入を考えている方もいるかと思います。

 

そのような場合、問題となるのは太陽光発電システムがどれぐらい長期間使用できるものなのか、また経年によってどれだけ性能が劣化していくかという点です。

 

もちろん経年劣化により、発電効率が低下したとしても、太陽光発電システムが正常に稼働し続けていれば、寿命とはいえません。

 

また、この低下分も含めて太陽光発電システムによる経費回収の計画も立てる必要があります。

 

経年劣化が太陽光発電システムに及ぼす影響や、発電効率の変化について、導入を考えているあなたが知っておきたい情報をまとめました。

経年劣化が太陽光発電のデメリット!?

太陽光発電システムは、経年劣化による発電効率の低下があります。
しかしその低下はそれほど急激なものではなく、デメリットととらえるほどのことではないと考えていいでしょう。

 

太陽光発電の耐用年数は、メーカーによっても違いがありますが、10年から15年程度とされています。

 

しかしこれはあくまでも「法定耐用年数」でしかありません。
資産の法定耐用年数は、機械・装置にかかる税のためのものであり、実際にはその年数を越えても稼働しているシステムは多くあります。

 

しかし太陽光発電システムの歴史はまだ新しく、実際の寿命に関しては、20年から30年、また40年以上という話もあります。

 

現時点で長期稼働している太陽光発電システムとしては、千葉県の佐倉ソーラーセンターや奈良県の壷阪寺があり、いずれも30年稼働しているシステムです。

 

この当時よりも太陽光発電システムは改善や改良が重ねられていますので、長期使用に耐えうるともいえます。

 

ただし一般住宅用の太陽光発電システムについては、まだ未知数の部分もありますので、経年劣化はあるものと考えておく必要があります。

 

では具体的に、経年劣化によって、発電効率はどのように変化していくのか詳しく見ていきましょう。

発電効率は年数と共にどのように変化していくの?

ソーラーパネルの種類によっても、発電効率の低下には違いがありますが、設置から10年を過ぎると年間0.25%から0.5%は発電量の劣化があると考えられています。

 

ソーラーパネルの経年劣化による出力の変化については、産業技術総合研究所が行った「太陽光パネル出力劣化特性評価実験」の結果から見ることができます。

 

パネル種類 10年後(%) 20年後(%) 30年後(%)
単結晶 92.4〜93.7 85.3〜87.8 82〜85
多結晶 94.5〜95.5 89.3〜91.1 86.8〜89
CIS/CIGS 97〜97.2 94.1〜94.5 92.7〜93.2
ヘテロ接合(HIT) 96.0 92.2 90.4
アマルファス 88.9 79 74.6

 

この表から分かるのは、現在産業用太陽光発電で多く利用されている単結晶のパネルでは10年後には少なくとも約8%の出力低下があるということです。

 

売電保証期間は現在20年となっていますが、20年後には約16%出力が低下すると考えられます。

 

つまり単純に計算しても、毎年安定した売電収入が保証される、また将来的にはもっと収入が増えるとは現時点では言いきれないということになるのです。

 

では経年劣化を見込んで、損をしないためにはどうすればいいのでしょうか。
詳しく見ていきましょう。

太陽光発電で損をしない為の対策は?

 

太陽光発電 経年劣化

 

10年後、20年後の経年劣化を見込んだ上でのシミュレーションを立てる、もしくは初期投資回収までの期間を短くする工夫をするといった対策が考えられます。

 

太陽光発電のパネルの種類は、現時点ではメリットとデメリットがあります。

 

多く使われている単結晶シリコンは、発電効率が高いというメリットがあり、経年劣化が少ないとされるCISは、採用しているシステムがまだ少なく、初期投資に費用がかかってしまいます。

 

長期間使用することを考え、新しいシステムを導入して、初期投資をかけるか、もしくはパネルの数を増やすことによって発電量を増やし、回収にかかる期間を短縮する方法を取るなど選択肢があります。

 

太陽光発電システムのメンテナンスにかかる費用なども踏まえ、業者からのシミュレーション計画をうのみにするのではなく、自分でも計算してみるといいでしょう。

 

また経年劣化について、考慮した計画を提案してくれるかどうかによって、信頼がおける業者かどうかを見分ける判断材料にもなります。

 

経年劣化をデメリット面だけでとらえるのではなく、それを考慮した上で設置を考えてみてはいかがでしょうか。

経年劣化が太陽光発電のデメリット|まとめ

太陽光発電は、まだ一般家庭での稼働の歴史が新しいため、その寿命や経年劣化についてのデータは乏しいのが実情です。

 

しかし産業用太陽光発電システムでは、経年劣化による発電効率の低下は明らかにされており、それを参考にすることが可能です。

 

現時点では設置から10年後には8%、20年後には16%の経年劣化による発電効率の低下が考えられますので、太陽光発電システムによる初期投資の回収については、自分でも計算してみる必要があります。

 

太陽光発電の経年劣化も含めた、売電収入のシミュレーションを考え、設置の計画を立てるようにしたいですね。

関連ページ

太陽光発電のデメリットとは?損をする人にはある特徴がある?
太陽光発電を設置している家庭が増えていますが、本当にすべての家庭で利益が出て得をしているのでしょうか?残念ながら太陽光発電で失敗した家庭があるのも事実です。損をしないためにもメリットデメリットを確認することをおすすめします。
電磁波が太陽光発電のデメリット!?電磁波は悪影響があるの!?
導入を検討する人が増えつつある太陽光発電ですが、デメリットとして電磁波の問題が浮上してきました。太陽光発電を設置することで電磁波は発生するのでしょうか。またその影響や対応策にはどのようなものがあるのでしょうか。ここでは太陽光発電と電磁波について、気になる情報を調べてみました。
ソーラーパネルの反射光で近隣トラブル!?意外なデメリットとは?
ソーラーパネルによる近隣トラブルが急増しています。これはソーラーパネルが反射した光が近隣の窓やベランダに当たって、生活に支障をきたしているというものです。ソーラーパネルの導入が増えてきたからこそ分かるデメリットともいえるものですが、もちろん防ぐ方法があります。ソーラーパネルの反射光によるデメリットとその予防法についてまとめていきます。
ソーラーパネルの重量がデメリット!?屋根が落ちたり陥没する!?
太陽エネルギーを電力として用いる太陽光発電は、電力不足が深刻化している今、注目されているシステムです。しかしこれを家庭で利用するには、屋根にソーラーパネルを設置する必要があります。ソーラーの重みに家の屋根は耐えられるのか、その安全性についてまとめました。
太陽光発電のデメリットは天候による発電量の変化!?対策はあるの?
太陽の光を利用して発電する太陽光発電のシステムですが、太陽の光がなければ発電できないというデメリットがあります。天候による発電量の変化には、どのように対応すればいいのでしょうか。また対策方法はあるのでしょうか。情報をまとめました。
売電単価下落している?太陽光発電のデメリットやリスクは価格?
太陽光発電の普及が広がっています。そんな中、電力を買い取ってもらう売電時の価格が下落しているという噂も流れています。そうなると太陽光発電はデメリットが増え、リスクを抱えることになるのでしょうか。ここではこれからの太陽光発電の売電単価について考えていきたいと思います。