太陽光発電のデメリットは天候による発電量の変化!?対策はあるの?

 

太陽光発電って、結局晴れてないと意味ないんだよね?
梅雨時期とか冬とかは電気代上がっちゃうのかな…

 

太陽光発電 天候

 

太陽の光を利用した発電システムである太陽光発電。
電力不足が叫ばれている今、新しい発電の形として、導入する家庭が増えてきています。

 

また余剰の電気は電力会社で買い取ってくれるため、電気代がまかなえるというメリットもあります。

 

しかし太陽の光がなければ発電できないため、梅雨時期や冬など、曇りが多い時期には意味がないのではないか、という意見も少なくありません。

 

進化している太陽光発電のシステムですが、天候による発電量の変化には何か対策はあるのでしょうか。

 

これから太陽光発電を導入したいと考えているあなたの疑問に、お答えする情報をまとめました。

発電量は天候によって左右される?太陽光発電のデメリットとは?

太陽光発電は、天候や環境に左右されるデメリットがあります。

 

太陽光発電は、太陽光がパネルに照射されることで発電します。
そのためそうでないときには発電はしません。

 

夜間の発電はありませんし、雨や曇り、雪の日は発電量が低下します。
また気候だけでなく、発電量は環境によっても左右されるデメリットがあります。

 

太陽光発電の環境は、晴れた日には発電し、曇りの日には発電しないという1日ごとの環境ではなく、1年を通してどれだけの発電量があったかということで比較されます。

 

そのため日本各地でも、太陽光発電の発電量にはそれほど大きな差はありません。

 

もちろん積雪が多い地域では、その季節には発電量は低くなりますが、日照時間の長さによっても発電量は変わってきます。
そのため北海道の地域でも発電量の多い地域がある一方で、本州でも発電量が少ない地域もあるのです。

 

では季節によって、発電量にはどのような違いがあるのでしょうか。
詳しく見ていきましょう。

太陽光発電で最も発電量が多い時期と発電量が少ない時期とは?

ソーラーパネルは高温に弱い特性があるため、温度が高くなくかつ日照時間が安定する春に発電量が多く、夏は少なくなります。

 

太陽光発電は、天候や気温といった気象条件によって発電する量が変わってきます。
また太陽光の照射だけでなく、パネルの温度によっても発熱効率が変化します。

 

これはソーラーパネルの、内部の発電部分に使われている半導体の素材がシリコンであるためです。

 

シリコンには温度が上がると機能が低下する特性があり、そのためソーラーパネルの表面温度が高くなると発電効率が低下します。

 

しかしソーラーパネルでも、半導体の素材は様々で、最近では温度によって発電効率が低下しない素材を使ったパネルなども出てきています。

 

また性能も向上してきていますので、たとえ雨であっても微量な太陽光で発電ができるようになってきています。

 

しかし現時点では温度が高くなる7月から9月の発電量は少なくなり、逆に3月から5月は安定した発電量となるソーラーパネルが主流となっています。

天候による発電のムラを防ぐためには?蓄電池が効果的?

 

太陽光発電 天候

 

天候によって左右される発電量のムラなど太陽光発電のデメリットをカバーするために、蓄電池の活用法が注目されています。

 

蓄電池は、リチウムイオン電池に電気エネルギーを貯めておく方法です。
災害時や停電時に、備えるためのものですが、太陽光発電のシステムと連携することによって、発電した電気を活用し、また発電量が少ない時期に備えることができます。

 

蓄電池を使う場合は、夜間など電気料金の安い時間帯に蓄電池に電気を貯め、昼間太陽光発電によって発電した電力はすべて売電に回すといった使い方ができます。

 

天気や天候による発電量に左右されることなく、安定した電気を使用することが可能です。

 

また同じく蓄電池として活用できるのがEV車です。
移動用の電気自動車としてだけでなく、蓄電システムとして活用することも可能となっています。

 

EV車には、様々なタイプがありますが、太陽光発電のシステムと連携させるのなら、EV車の充電池自体に電気を貯めることができ、また充電池から家庭に電気を供給できるタイプがおすすめです。

 

ただし製品によって、貯められる電気の容量や、使う電気量にちがいがあり、またリチウムイオン電池には寿命があります。

 

しかし蓄電池やEV車には国の補助制度などもあり、太陽光発電システムの導入がコストダウンできるメリットもあります。

 

エネルギー管理を家庭でできる太陽光発電を考えているなら、こういった蓄電池の導入も合わせて考えてみてはいかがでしょうか。

太陽光発電の天候によるデメリット|まとめ

いかがだったでしょうか?

 

ソーラーパネルはパネルの半導体に使われているシリコン素材の特性により、気温や気候によって発電する電気量にムラが生じます。

 

年間を通して見れば、それほどの差はありませんが、やはり発電量が少ない時期が続くと心配です。

 

そんなときに便利なのが、電気を貯めておく蓄電池やEV車の蓄電池です。
家庭で使うのに必要な電気量を、夜間など電気旅筋の安い時間帯に備えることで、日中の発電量のムラをカバーすることが可能です。

 

補助金制度などもあり、蓄電池の機能も様々なものが増えてきていますので、太陽光発電システムの導入を考えているなら、ぜひ合わせて購入を考えたいですね。

関連ページ

太陽光発電のデメリットとは?損をする人にはある特徴がある?
太陽光発電を設置している家庭が増えていますが、本当にすべての家庭で利益が出て得をしているのでしょうか?残念ながら太陽光発電で失敗した家庭があるのも事実です。損をしないためにもメリットデメリットを確認することをおすすめします。
電磁波が太陽光発電のデメリット!?電磁波は悪影響があるの!?
導入を検討する人が増えつつある太陽光発電ですが、デメリットとして電磁波の問題が浮上してきました。太陽光発電を設置することで電磁波は発生するのでしょうか。またその影響や対応策にはどのようなものがあるのでしょうか。ここでは太陽光発電と電磁波について、気になる情報を調べてみました。
ソーラーパネルの反射光で近隣トラブル!?意外なデメリットとは?
ソーラーパネルによる近隣トラブルが急増しています。これはソーラーパネルが反射した光が近隣の窓やベランダに当たって、生活に支障をきたしているというものです。ソーラーパネルの導入が増えてきたからこそ分かるデメリットともいえるものですが、もちろん防ぐ方法があります。ソーラーパネルの反射光によるデメリットとその予防法についてまとめていきます。
ソーラーパネルの重量がデメリット!?屋根が落ちたり陥没する!?
太陽エネルギーを電力として用いる太陽光発電は、電力不足が深刻化している今、注目されているシステムです。しかしこれを家庭で利用するには、屋根にソーラーパネルを設置する必要があります。ソーラーの重みに家の屋根は耐えられるのか、その安全性についてまとめました。