太陽光発電のデメリットとは?知らないと失敗をして損をする?記事一覧

太陽光発電を巡って近所トラブル!?雨漏りや火事、屋根への負担って大丈夫なの?太陽光発電の導入で後悔をしている人には、「事前にデメリットを詳しく調べていなかった」という共通点があります。その為、太陽光発電の導入で失敗をしない為には、どのようなデメリットがあって本当に損をしないのか確認をしておく必要があります。デメリットに対応できるのであれば、太陽光発電を導入しても成功できますし、何も知らないまま太陽...

身体に有害だとされている電磁波!太陽光発電からも電磁波が出ているって本当?携帯電話やパソコンの普及によって、人間の身体に有害な影響を与えると言われている電磁波。電気を集める太陽光発電にも、同じことがいえるのではないでしょうか。今、太陽光発電の導入を考える中で、電磁波の問題が囁かれています。太陽光発電を設置したことによる電磁波の影響は本当にあるのでしょうか。ここでは太陽光発電と電磁波の関係性やその影...

取りつけたソーラーパネルの反射光で近隣の人に訴えられた!どうしたら防げたの?裁判になったらどうすればいいの?ソーラーパネルを設置する家庭が増えてきた反面、意外なトラブルが発生しています。それはソーラーパネルの反射光による近隣トラブルです。これはソーラーパネルが出始めた時には、想定していなかった意外なデメリットです。話が大きくなると裁判を起こされ訴えられるケースもあります。ここでは最近増えているソー...

太陽光発電って気になるけど、あのソーラーパネルって屋根に乗せても大丈夫なの?太陽の光を電気エネルギーに変換する太陽光発電システムは、電気代がかからない、また安くなるといった評判も多く、また余った電気を買い取ってもらえる制度などからも注目を集めています。電力不足などが懸念されることも多い今、注目されているシステムといえますが、その導入方法についてはよく分からないという人も多いのではないでしょうか。特...

太陽光発電って、結局晴れてないと意味ないんだよね?梅雨時期とか冬とかは電気代上がっちゃうのかな…太陽の光を利用した発電システムである太陽光発電。電力不足が叫ばれている今、新しい発電の形として、導入する家庭が増えてきています。また余剰の電気は電力会社で買い取ってくれるため、電気代がまかなえるというメリットもあります。しかし太陽の光がなければ発電できないため、梅雨時期や冬など、曇りが多い時期には意味が...

太陽光発電の売電価格が下がっているの?これからはリスクが伴うってこと?一般家庭の屋根に太陽光発電のソーラーパネルをつけているのを多く見かけるようになりました。普及が拡大していく中、業界では驚きの話題が持ち上がっています。太陽光発電で得られる電力の売電価格が下落しているというものです。果たして本当なのでしょうか。そうだとすると太陽光発電はデメリットやリスクを伴うものになる可能性があります。既に導入済...

太陽光発電も機械だから、経年劣化ってあるよね??でも太陽光発電って20年30年大丈夫って言われたけど、本当に大丈夫なのかなあ…太陽光発電の耐用年数や寿命は、10年以上の長期とされています。初期投資はかかりますが、長期間の使用による売電によって、その費用が回収できると説明を受けた方もいらっしゃるでしょう。また将来の投資として、導入を考えている方もいるかと思います。そのような場合、問題となるのは太陽光...

太陽光発電は、台風や地震に弱い!?雪などの自然災害の対処法とは!?太陽光発電システムは、ソーラーパネルを屋外に設置するため、自然災害に対して何らかの対策を取る必要があります。台風や地震などの災害は、太陽光発電にどのような影響を与えるのでしょうか。またこれらの災害に対し、太陽光発電を設置する際には、そのような対策を立てるべきでしょうか。安くはない太陽光発電システムの設置で、破損などが起こったら困りま...

ソーラーパネルを導入したいけど、設置費用が高い!設置費用を安くする方法はあるの?もう少し待てば、もっと安くなる?「環境に優しい」「電気代が減る」「余った電気を売ることが出来る」などの理由で、屋根にソーラーパネルを設置してみようと考えたことがある方は多いと思います。しかし、そこに立ちはだかるのが高額な設置費用。車1台分にもなる金額ですから、そう簡単に導入できるものではありません。今回は、「ソーラーパ...

うちの屋根は太陽光発電に向いていないと言われたけれど、どうして?業者に断られてしまったら、太陽光発電は諦めるしかないの?太陽光発電は「環境に優しい」「余った電気を売却できる」「災害で停電しても電気が使える」など、メリットがたくさんあります。しかし、我が家でも是非導入したい!と思って見積もりを取ってみたら、「お宅の屋根には太陽光発電は向いていませんね。」と断られてしまうケースがあります。一体何が原因...