売電による副収入が得られるのは太陽光発電最大のメリット!

 

太陽光発電システムで発電した電力は、基本的には自宅で消費する電気として使用されます。
ただし、余った電力は系統(電線)に返還し、電力会社に買い取ってもらえます。

 

普段私達が使用している電気を買電といい、太陽光発電によって電力会社に電気を売る事を売電といいます。

 

売電は1kWh(キロワット時)で計算され、平成27年では33円(東京/中部/関西)と35円(その他の地域)となっています。
この価格は10年間の固定価格ですので、契約をした年の売電価格が10年間継続されます。

 

売電価格は導入当初平成22年の48円が一番高い価格でした。

 

この価格は政府が太陽光を積極的に導入する為に決めた価格ですので、今後この水準まで上がる事は難しいと言えるでしょう。

 

ですが、発電効率の良い地域では1日に4万円程度の発電量を記録したご家庭もあります。

 

設置をするだけで、毎日収入が得られる仕組みが作れるという点は太陽光発電システムを導入する最大のメリットと言えます。

太陽光発電システムの導入で利益を出す為には?

 

太陽光システムの導入に向いているご家庭は、十分な日射量が得られる事は前提として、以下の特徴があります。

 

日中自宅を開ける事が多く売電に当てる時間が長い

 

はぴeタイム契約などで夜間の電気料金を下げる事ができる

 

逆に日中も自宅で電気を使う事が多いご家庭ではあまり売電が行われないため、収益は上がらないという事が予想されます。

 

ただし、ご自宅の消費する電力には当てられるので、そのメリットはあります。

 

もし導入を検討する場合は、ご自宅の電気の使用状況を確認し、シミュレーションによって10年以内で確実に元が取れそうかどうかを判断材料とする事をおすすめします。

 

10年後にはさらに売電価格が下がる事が予想されますが、初期費用が回収出来ている状態であれば、損をする事はないのでご自宅用として設置を検討しても問題はないでしょう。

関連ページ

温室効果ガスの削減効果!エコなクリーンエネルギーは太陽光発電の特徴!
太陽光発電を設置している家庭が増えていますが、本当にすべての家庭で利益が出て得をしているのでしょうか?残念ながら太陽光発電で失敗した家庭があるのも事実です。損をしないためにもメリットデメリットを確認することをおすすめします。
非常用電源にもなる太陽光発電は安心でお得!
太陽光発電を設置している家庭が増えていますが、本当にすべての家庭で利益が出て得をしているのでしょうか?残念ながら太陽光発電で失敗した家庭があるのも事実です。損をしないためにもメリットデメリットを確認することをおすすめします。
太陽光発電によって節電効果が倍増!
太陽光発電を設置している家庭が増えていますが、本当にすべての家庭で利益が出て得をしているのでしょうか?残念ながら太陽光発電で失敗した家庭があるのも事実です。損をしないためにもメリットデメリットを確認することをおすすめします。
電気代の節約ができる!光熱費の削減で家計の負担を減らすことができる!
太陽光発電を設置している家庭が増えていますが、本当にすべての家庭で利益が出て得をしているのでしょうか?残念ながら太陽光発電で失敗した家庭があるのも事実です。損をしないためにもメリットデメリットを確認することをおすすめします。