太陽光発電詐欺の巧妙な手口とは?安全な投資はウソ!?

太陽光発電詐欺の巧妙な手口とは?安全な投資はウソ!?

太陽光発電詐欺の手口とは?

太陽光発電の訪問販売では投資系詐欺が急増しています。
投資系詐欺とは太陽光発電を設置することで儲けを出そうと持ちかけるものです。

 

家庭用以外の太陽光発電は溜めた電気を売ることができます。
それによりどんどん電気を溜めて売れば儲けになるとうたっているんですね。

 

しかし実際は売電単価はそんなに高くはありません。

 

それなのに大きな太陽光パネルを進められたり
開いている土地に太陽光パネルを取りつけるよう誘導してくるケースがあります。

 

この投資系詐欺で狙われやすいのは自社ビルの会社や
大型マンションを経営している老夫婦などです。

 

もちろん、ただ儲けをだす太陽光発電という売り文句ではあやしいので
他の話を出して上手く誘導していく手口があります。

 

それが補助金制度を使った手口です。

 

太陽光発電を導入した場合に「補助金制度」がありますが
この補助金制度を使って詐欺を働く場合もあります。

 

補助金制度は申し込めば誰でももらえるものですが
この補助金制度を「宝くじに当たるくらいの確率」という業者がいます。

 

補助金制度に申し込んで、もし当選したら太陽光発電を導入すればいい
しかし当たりっこないから申し込みだけでも…といった手口です。

 

「そんな確率なら試してみてもいっか」と契約をしてしまったという被害者もいます。
しかし、実際は申し込めば誰でもOKなのですから、自動的に太陽光発電の導入になるのです。

 

太陽光発電は知らない事の方が多いです。
そこをついて上手くだまして太陽光発電詐欺はトラブルを引き起こしています。

悪徳業者の特徴とは?

太陽光発電の訪問販売で詐欺にあったりトラブルが起きたり…
できれば避けたいですよね。

 

悪徳業者の特徴を知ることで未然にトラブルを避けることも可能です。
良くある特徴をあげていきます。

 

「太陽光発電に興味ありませんか」といった良くある宣伝文句とは
違う切り口で入ってくる場合があります。

 

営業は愛想が良く頼りがいのありそうな人が多いそうです。
そして人懐こいのか上手に相手の懐に入ってくるイメージです。

 

そのくせ、話に無駄がなく相手に反論させないトーク力があります。
相手に考える隙を与えず、自分のペースで話を進行させていくのです。

 

実際にその業者に電話などで問い合わせをしてみると
営業とは打って変わって態度が悪いのも特徴です。

 

態度というか電話対応が出来ていないと言った方が正しいです。
営業と電話対応に差がある場合は悪徳業者というパターンが多いです。

 

実際に工事が始まれば慣れていない作業者がきたり、工事の手際が悪かったり
ずさんな工事をするなどで、すぐに見分けることができます。

 

訪問販売の段階ではなかなか、判別が難しいのも事実です。
ここはその場で契約しない、冷静な判断をすることも重要になります。

詐欺にあわない為に注意する事は?

太陽光発電の投資系詐欺において
詐欺に合わない為にこちら側が注意したうことを見ていきましょう。

 

第一に訪問してきた、販売施工会社と名乗る業者の住所、建物、事務所等をきちんと確認することです。
名刺やチラシだけでなく業者の所在地をまず確認しましょう。

 

第二に見積もりを依頼した場合、見積もりの出し方に注意しましょう。
太陽光発電システムの見積もりには、「仮見積もり」と「本見積もり」の二つがあります。

 

詐欺をするつもりの業者は、現場を見て本見積もりを出すようなことはしません。
現場にきた業者が、どこを見て見積もりを出しているのか、チェックする必要あります。

 

第三に手の込んだ業者もいるので、少しでも業者に不安を感じたら
太陽光発電システムに関するいろいろな質問をぶつけてみましょう。

 

質問は簡単なもので構いません。
注意するのはその質問に丁寧に答えてくれるかどうかの姿勢にあります。

 

そしてもし、投資話を持ちかけられた場合はどう対処するのが良いのでしょうか。
その場合はメーカー保証や期間を確認しましょう。

 

また、アフターサービス体制が整っているのか、その話に信憑性はあるのかなど
細かくチェックする必要があります。

 

もし話に乗せられて契約してしまったが、「詐欺かも」と思い立ったら
クーリングオフ制度を活用しましょう。

 

契約したその日から8日以内であれば契約を解除することができるシステムです。
のんびりしていると手遅れになるので、怪しいと思ったらクーリングオフするのもひとつの方法です。

関連ページ

雨漏りの原因と対策
ここでは「太陽光発電のトラブル事例|雨漏りの原因と対策」について紹介しています。太陽光発電を導入後、トラブルで困ってしまう方もいます。その為、事前に原因と対策をぜひ確認をしてみてください。
火災の原因と対策
ここでは「太陽光発電のトラブル事例|火災の原因と対策」について紹介しています。太陽光発電は電気を扱うので火災になる可能性もあります。その原因と対策はぜひご確認ください。
訪問販売は押し売りで危険?
ここでは「太陽光発電詐欺の巧妙な手口とは?安全な投資はウソ!?」について紹介しています。安全な投資だと言い寄ってくる販売員。騙されないようにご確認ください。
太陽光はいくらで導入しても損はない?
ここでは「太陽光はいくらで導入しても損はない?本当に採算は合うの?」について紹介しています。太陽光発電はいくらで導入をしても採算が合うのでしょうか?注意点をまとめています。
太陽光発電の採算ラインは?
太陽光発電を設置している家庭が増えていますが、本当にすべての家庭で利益が出て得をしているのでしょうか?残念ながら太陽光発電で失敗した家庭があるのも事実です。損をしないためにもメリットデメリットを確認することをおすすめします。
家庭用太陽光発電で得をしているのは業者だけ?
ここでは「家庭用太陽光発電で得をしているのは業者だけ?元は取れるの?」について紹介しています。ソーラーの導入で損をしない為にもご確認ください。
個人で太陽光発電ビジネスに取組むリスクは?
ここでは「個人の太陽光発電ビジネスのリスクは?実態と将来展望は?」について紹介しています。クリーンエネルギーとして太陽光発電は注目を集めていますが、個人で取り組んでも採算はあうのでしょうか?その実態と将来展望について紹介しています。
売買による収入の仕組みは?
ここでは「太陽光発電の売買による収入の仕組みは?」についてまとめています。導入をするにあたって収入の仕組みを理解し、収入を増やす知恵としてご活用下さい。
利回りの注意点
ここでは「アパート経営で太陽光発電を導入する際の注意点|利回りに注意!」について紹介しています。利回り計算を間違えると、太陽光発電で失敗してしまうリスクが非常に高くなるので、ご注意ください。
ランニングコストとイニシャルコスト
ここでは「太陽光発電のランニングコストとイニシャルコストはいくらかかる?」について紹介します。コストがかかってしまい、結局損をしてしまった・・・という事がないようにご確認ください。
発電量計算方法
ここでは「太陽光の発電量計算方法は?間違った計算式で失敗しない為に」について紹介しています。太陽光発電の計算を間違えると、投資に失敗してしまう可能性が高くなります。損をしない為にも、確認してみて下さい。
7割が損をする?
ここでは「太陽光発電の7割が損をするって本当?」について紹介しています。本当に損をするのか?その理由について紹介しています。
太陽光発電で損をしてしまう理由とは?発電量が下がる原因は?
太陽光発電で損を被る事態は起こり得るのでしょうか。もし起きたとすれば、それはメーカーや業者に任せっきりだったのではないでしょうか。自ら率先して導入検討していれば結果は違っていたはずです。太陽光発電に向かない環境であれば設置を辞める決断も可能でした。