太陽光発電のトラブル事例|火災の原因と対策

太陽光発電のトラブル事例|火災の原因と対策

太陽光発電導入による雨漏りトラブルの原因と対策

 

太陽光発電のトラブルに火災があるのはご存知でしたか?

 

太陽光発電システムにはパワーコンディショナーや接続箱、パネル、ケーブルなど様々な電気機器やケーブルを扱う為、実は火災トラブルの事例も多く報告されているのです。

 

ここでは火災トラブルの主な原因と対策を説明していきます。

 

太陽光発電導入による火災の原因3つ

 

小動物がケーブルをかじり、断線だ生じた事による出火

 

屋根上に後付けされたPVから出火した事案である。出火する3日前に居住者から販売店に「太陽光発電のブレーカーが落ちる」との連絡が入った。販売店員が配線の漏電をチェックし、4ストリング内の2ストリング目に絶縁不良を発見し、2ストリング目の接続を遮断した。外観からは特別な異常は見つからなかった。出火し、消防が駆け付けた時には、居住者が屋根の上に乗り、園芸ホースで散水して消化し終えていた。出火した太陽電池モジュール(以下、モジュール)は3日前に接続を遮断したストリングではなかった。燃えたモジュールは3枚で、1枚はモジュール全体が焼損し脱落していた。駆け付けた販売店員がモジュールを外し、回収して原因を調査した。モジュールを外したときに、モジュールと屋根の間に落ち葉や枝が溜まっていた。屋根上の配線を小動物がかじったような跡が見つかった。

 

出典:消防庁『太陽光発電システム火災と消防活動における安全対策』より抜粋

 

この例のように、小動物がケーブルをかじる事によって断線が発生し、そこに電気が流れる事で火花が散って発火するという事例があります。

 

パネルと屋根の間に落ち葉やゴミがたまって引火

 

屋根上に後付けされたPVから出火した事案である。車で走行中の近所の人が屋根の上から煙がでているのを見つけ居住者に知らせた。居住者がPV設置業者と消防に電話連絡を入れた。焼損したのは1枚のモジュールの80cm×60cmくらいである。焼損していた部分のモジュールの裏の隙間には、余剰配線がまとめて押し込まれていて、鳥の巣(枯れ葉や枝)もあった。この部分の配線には溶融痕が認められた。

 

出典:消防庁『太陽光発電システム火災と消防活動における安全対策』より抜粋

 

パネルの隙間に鳥の巣やゴミがたまる事によって火災が発生しやすい状況となってしまいます。

 

経年劣化や配線不良による出火

 

上記の例にあるように、余剰配線をまとめて押し込んだり、配線ミスによって出火するケースがあります。

 

業者の経験不足や手抜き工事による火災

 

工場建屋の屋根上にPVを設置している工事期間中に出火した。まだ発電の運用は始めていないときであった。屋根上へのモジュールの設置が終わり、接続箱やパワーコンディショナへの配線のつなぎ込みを残して休日を迎えたため、配線の端部をビニルテープで巻き、屋根の上にまとめて放置して作業を終えた。雨が降った後に晴天になり、まとめてあった配線端部から出火した。配線端部の処理としてビニルテープを巻いていたが、ストリング毎に+端子と−端子を一緒にビニルテープで巻いていたということで、雨の水がテープ内に浸み込み絶縁が悪くなったところで日射により発電が開始し、端部の両極間で絶縁不良により出火にいたったと考えられる

 

出典:消防庁『太陽光発電システム火災と消防活動における安全対策』より抜粋

 

このように、取り付け業者の不備によって火災が発生するケースがあります。

火災にならない為の対策は?

 

火災を予防するには太陽光パネルを導入する前と、太陽光パネルを導入した後で対策が変わってきます。

 

太陽光パネルを導入する前の対策は?

 

太陽光パネルを導入する前に注意する事は、施工工事をする業者が経験豊富であるのかを確認する事です。

 

経験の浅い業者や、相場よりも安すぎる費用で工事を請け負う業者の場合は手抜き工事をする可能性が高いです。

 

いくつかの業者に見積もり依頼を出して比較をし、工事の実績があるのか?

 

他の業者から悪い口コミを聞かないのか確認を行いましょう。

 

太陽光パネルを導入した後の対策は?

 

太陽光パネルを屋根に設置した後は、定期メンテナンスを行って断線の確認やゴミが溜まっていないかの確認を行いましょう。

 

太陽光発電システムは一度導入したらそれで終わりではなく、定期的にメンテナンスを行う事によってトラブルもなく長期的に安定して稼働をさせる事ができます。

 

業者と契約をする際に、定期メンテナンスはしてもらえるのか?という点も確認する事をおすすめします。

火災トラブルで失敗しない為に・・・

 

火災によって損をしてしまわない為に、火災保険に加入しておく事をおすすめします。

 

火災時は保険によって、損害を最小限にする事が出来る為、いざというケースの為に火災保険に加入しておく事をおすすめします。

 

また、火災保険というと火事の場合のみの保険かと考えるかもしれませんが、実際は強風や落雷、ひょうなどの自然災害に対しても保険を適用する事ができるのです。

 

もし、自宅がすでに火災保険に入られている場合は、太陽光発電の導入を機に見直しをする事をおすすめします。

 

日本は台風などの自然災害のリスクが高い地域です。そして、太陽光発電は台風などの自然災害の影響を受けやすい機器です。

 

予期せぬトラブルで太陽光発電システムが壊れる可能性もあるので、火災保険の見直しによって保険をかけておく事をおすすめします。

 

 

 

 

当サイト人気記事

 

太陽光発電 メリット デメリット太陽光発電のメリット・デメリット

 

太陽光発電 メリット デメリット失敗しない業者選びのポイント

 

 

関連ページ

雨漏りの原因と対策
ここでは「太陽光発電のトラブル事例|雨漏りの原因と対策」について紹介しています。太陽光発電を導入後、トラブルで困ってしまう方もいます。その為、事前に原因と対策をぜひ確認をしてみてください。
訪問販売は押し売りで危険?
ここでは「太陽光発電詐欺の巧妙な手口とは?安全な投資はウソ!?」について紹介しています。安全な投資だと言い寄ってくる販売員。騙されないようにご確認ください。
太陽光発電詐欺の巧妙な手口とは?
太陽光発電を設置している家庭が増えていますが、本当にすべての家庭で利益が出て得をしているのでしょうか?残念ながら太陽光発電で失敗した家庭があるのも事実です。損をしないためにもメリットデメリットを確認することをおすすめします。
太陽光はいくらで導入しても損はない?
ここでは「太陽光はいくらで導入しても損はない?本当に採算は合うの?」について紹介しています。太陽光発電はいくらで導入をしても採算が合うのでしょうか?注意点をまとめています。
太陽光発電の採算ラインは?
太陽光発電を設置している家庭が増えていますが、本当にすべての家庭で利益が出て得をしているのでしょうか?残念ながら太陽光発電で失敗した家庭があるのも事実です。損をしないためにもメリットデメリットを確認することをおすすめします。
家庭用太陽光発電で得をしているのは業者だけ?
ここでは「家庭用太陽光発電で得をしているのは業者だけ?元は取れるの?」について紹介しています。ソーラーの導入で損をしない為にもご確認ください。
個人で太陽光発電ビジネスに取組むリスクは?
ここでは「個人の太陽光発電ビジネスのリスクは?実態と将来展望は?」について紹介しています。クリーンエネルギーとして太陽光発電は注目を集めていますが、個人で取り組んでも採算はあうのでしょうか?その実態と将来展望について紹介しています。
売買による収入の仕組みは?
ここでは「太陽光発電の売買による収入の仕組みは?」についてまとめています。導入をするにあたって収入の仕組みを理解し、収入を増やす知恵としてご活用下さい。
利回りの注意点
ここでは「アパート経営で太陽光発電を導入する際の注意点|利回りに注意!」について紹介しています。利回り計算を間違えると、太陽光発電で失敗してしまうリスクが非常に高くなるので、ご注意ください。
ランニングコストとイニシャルコスト
ここでは「太陽光発電のランニングコストとイニシャルコストはいくらかかる?」について紹介します。コストがかかってしまい、結局損をしてしまった・・・という事がないようにご確認ください。
発電量計算方法
ここでは「太陽光の発電量計算方法は?間違った計算式で失敗しない為に」について紹介しています。太陽光発電の計算を間違えると、投資に失敗してしまう可能性が高くなります。損をしない為にも、確認してみて下さい。
7割が損をする?
ここでは「太陽光発電の7割が損をするって本当?」について紹介しています。本当に損をするのか?その理由について紹介しています。
太陽光発電で損をしてしまう理由とは?発電量が下がる原因は?
太陽光発電で損を被る事態は起こり得るのでしょうか。もし起きたとすれば、それはメーカーや業者に任せっきりだったのではないでしょうか。自ら率先して導入検討していれば結果は違っていたはずです。太陽光発電に向かない環境であれば設置を辞める決断も可能でした。