太陽光発電の悪徳業者の特徴とは?身を守る方法とは?

 

太陽光発電って悪徳業者が多いって聞いたから心配だなあ…
だまされないためにはどうすればいいんだろう?

 

太陽光発電 悪徳業者

 

買電や補助金など、お得な面がクローズアップされることの多い太陽光発電。

 

将来的な投資として導入を考える人も増えている中、それにつけ込もうとする悪徳業者も後を断ちません。

 

太陽光発電に関しては、きちんと対応をしてくれる信頼できる業者を選び、依頼することが必要ですが、有名な企業の名前をかたる業者もいます。

 

悪徳業者に引っかからないために、どのような対策を取るべきでしょうか。

 

悪徳業者がなくならない理由を探るとともに、悪徳業者の見抜き方や、対抗策について、知っておくべき情報をまとめました。

どうして太陽光発電の悪徳業者が後をたたないの?

太陽光発電は、大きなお金が動く投資であるため、そのお金を狙う悪徳業者がなくならない大きな理由となっています。

 

太陽光発電は、売電による固定価格買取制度や設置のために補助金などがあるなど、災害時の電気供給やエコへの関心とともに、これからの将来への投資目的で導入する人も増えてきています。

 

しかし高額な初期投資が必要であり、また長期間使い続けることにより、定期的な点検が必要なことから、悪徳業者が後を断ちません。

 

悪徳業者には、
○架空の投資目的などで勧誘し、前金を取る
○工事費が不当、また悪質な契約を結んで追加料金などを請求する
○請け負った工事が粗悪、また修理などを頼んでも対応しない
といったものがあります。

 

太陽光発電に関する知識が少ない場合、セールストークに説得されてしまったりしがちです。

 

またニュースなどで太陽光発電のメリットをみて、そのイメージが強く残っている、また無料や先着といった売り言葉にだまされてしまうこともあります。

 

もちろんそういった詐欺に「だまされるほうが悪い」と傍からは思えますが、悪徳業者はあらゆる手口でこちらを騙そうと狙っています。

 

慎重に慎重を重ねる人でさえも、騙されることがあるのです。
では悪徳業者はどのような手口を使って、こちらを騙そうとしてくるのか、その特徴や手段について詳しく見ていきましょう。

太陽光発電の悪徳業者の特徴とは?どのような手口を使う?

悪徳業者の特徴には、

いい話ばかりをして、デメリットなどを聞いてもはぐらかす
名刺を渡さない、もらっても住所や社名などが明記されていない
将来の不安を煽る、また「導入していないのはお宅だけですよ」と言う
他社と見積もりを比べると、明らかに価格が高い
見積もりを出してくれない

といったものがあります。

 

先行投資といった話で、「前金がいる」や「契約金の一部が必要」といったことをしきりに口にする業者は、まず悪徳業者と考えていいでしょう。

 

また無料のモニターを募集している、割引やキャンペーンは今だけしかしていない、といった限定を持ち出してくるのも詐欺の手口の一つです。

 

しかし契約や設計といった事前の準備で問題がなくても、実際に工事を頼んだらずさんな工事であったり、また契約外の作業をおこなって追加料金を請求する悪徳業者もいます。

 

取り付ける太陽光発電システムのメーカー保証がないと、補助金の対象にならないといったトラブルに発展します。

 

依頼する業者が、メーカーの正規施行資格を持っている、またメーカーの指定業者であるかどうか、事前に確認しておくことが必要です。

 

またシステムの代金支払いに、高額な利子を請求するローン会社を勧めてくる悪徳業者もいますので、注意しましょう。

 

また悪徳業者のセールストークの常套文句として、

光熱費がゼロになります
発電量は保証します
他よりも安く設置可能です

といったものもありますので、惑わされないようにしたいですね。

 

では悪徳業者につかまらないために、どのような対策や方法をとるべきでしょうか。
詳しく見ていきましょう。

太陽光発電の悪徳業者につかまらない為の方法とは?

 

太陽光発電 悪徳業者

 

悪徳業者につかまらない方法としては、
○見積もりは複数の会社から取る
○契約書にはその場ですぐはんこを押さない
といった方法や、
○事前に太陽光発電のシステムについて理解し、業者に対して質問をする
といった対策があります。

 

太陽光発電の悪徳業者のセールスは、訪問販売や説明会などで一方的に説明し、不安を煽ることで「購入しなければ」という気持ちにさせることが目的です。

 

そういった方法につかまってしまわないよう、「その場で決断しない」ことが大切です。
名刺やパンフレットをもらい、ネットや周囲での評判などを調べましょう。

 

また「いい業者かも」と思っても、複数の業者から見積もりを取りましょう。
太陽光発電の詳しい説明ができない業者であれば、見積もりの金額の差の内訳の説明ができないこともあります。
また適正価格を知ることもできますので、見積もりは必ず取るようにしたいですね。

 

このように賢い消費者となることが、悪徳業者につかまらない、また対抗できる大きな力となるのです。

もし悪徳業者に捕まってしまった場合の対応とは?

クーリングオフといった制度を活用できますので、まずは消費者センターなどに相談しましょう。

 

自分だけは詐欺には引っかからない、そう思っていても、詐欺に遭うことは考えられます。
また信用していたのに、工事が開始してから詐欺だと判明することもあります。

 

契約の書面を交わしてから、8日間以内であれば、契約を白紙に戻すクーリングオフが可能です。

 

しかしクーリングオフを泣き落としや虚偽の説明などで妨害するといった悪徳業者もいます。
またそういった業者との話し合いが上手く行かない場合も考えられます。

 

このような場合は消費者センターに相談する、また弁護士に相談にのってもらうことを考えましょう。

 

専門家にお願いした方が、交渉がスムーズにすすむ場合もあります。
泣き寝入りすることのないよう、悪徳業者をなくすためにも、きちんとした対応をするようにしたいですね。

太陽光発電の悪徳業者の特徴|まとめ

いかがだったでしょうか?

 

太陽光発電システムは、買取の制度や補助の制度があり、将来的な投資に役立つものとして注目を集めています。
また設置に多額の投資が必要なことから、動く大金を狙う悪徳業者も後を断ちません。

 

安く設置できる、また今設置しないと老後になってから後悔しても遅い、といった心配や不安を煽る言葉で悪徳業者は騙そうとしてきます。

 

また契約や見積もりに問題がなくても、実際の工事がずさんだったりメーカー契約を請け負っていないといったこともあります。
そのため補助金やあるべき保証が受けられなかったり、また高額な保証金を請求されるといったこともあります。

 

悪徳業者は訪問販売をし、その場で契約を迫ってくることが多いので、すぐ契約をしない、また名刺をもらい、見積もりを請求するなどして、身元を確認することが必要です。

 

また見積もりは複数の業者に頼み、適正価格を見極めることも大切です。

 

また自分でも太陽光発電について詳しく知識を得て、トークで悪徳業者に丸め込まれないようにしましょう。

 

それでも悪徳業者に引っかかってしまった場合は、消費者センターに通報するなどして、悪徳業者を見逃さないようにしたいですね。

関連ページ

雨漏りの原因と対策
ここでは「太陽光発電のトラブル事例|雨漏りの原因と対策」について紹介しています。太陽光発電を導入後、トラブルで困ってしまう方もいます。その為、事前に原因と対策をぜひ確認をしてみてください。
火災の原因と対策
ここでは「太陽光発電のトラブル事例|火災の原因と対策」について紹介しています。太陽光発電は電気を扱うので火災になる可能性もあります。その原因と対策はぜひご確認ください。
訪問販売は押し売りで危険?
ここでは「太陽光発電詐欺の巧妙な手口とは?安全な投資はウソ!?」について紹介しています。安全な投資だと言い寄ってくる販売員。騙されないようにご確認ください。
太陽光発電詐欺の巧妙な手口とは?
太陽光発電を設置している家庭が増えていますが、本当にすべての家庭で利益が出て得をしているのでしょうか?残念ながら太陽光発電で失敗した家庭があるのも事実です。損をしないためにもメリットデメリットを確認することをおすすめします。
太陽光はいくらで導入しても損はない?
ここでは「太陽光はいくらで導入しても損はない?本当に採算は合うの?」について紹介しています。太陽光発電はいくらで導入をしても採算が合うのでしょうか?注意点をまとめています。
太陽光発電の採算ラインは?
太陽光発電を設置している家庭が増えていますが、本当にすべての家庭で利益が出て得をしているのでしょうか?残念ながら太陽光発電で失敗した家庭があるのも事実です。損をしないためにもメリットデメリットを確認することをおすすめします。
家庭用太陽光発電で得をしているのは業者だけ?
ここでは「家庭用太陽光発電で得をしているのは業者だけ?元は取れるの?」について紹介しています。ソーラーの導入で損をしない為にもご確認ください。
個人で太陽光発電ビジネスに取組むリスクは?
ここでは「個人の太陽光発電ビジネスのリスクは?実態と将来展望は?」について紹介しています。クリーンエネルギーとして太陽光発電は注目を集めていますが、個人で取り組んでも採算はあうのでしょうか?その実態と将来展望について紹介しています。
売買による収入の仕組みは?
ここでは「太陽光発電の売買による収入の仕組みは?」についてまとめています。導入をするにあたって収入の仕組みを理解し、収入を増やす知恵としてご活用下さい。
利回りの注意点
ここでは「アパート経営で太陽光発電を導入する際の注意点|利回りに注意!」について紹介しています。利回り計算を間違えると、太陽光発電で失敗してしまうリスクが非常に高くなるので、ご注意ください。
ランニングコストとイニシャルコスト
ここでは「太陽光発電のランニングコストとイニシャルコストはいくらかかる?」について紹介します。コストがかかってしまい、結局損をしてしまった・・・という事がないようにご確認ください。
発電量計算方法
ここでは「太陽光の発電量計算方法は?間違った計算式で失敗しない為に」について紹介しています。太陽光発電の計算を間違えると、投資に失敗してしまう可能性が高くなります。損をしない為にも、確認してみて下さい。
7割が損をする?
ここでは「太陽光発電の7割が損をするって本当?」について紹介しています。本当に損をするのか?その理由について紹介しています。
太陽光発電で損をしてしまう理由とは?発電量が下がる原因は?
太陽光発電で損を被る事態は起こり得るのでしょうか。もし起きたとすれば、それはメーカーや業者に任せっきりだったのではないでしょうか。自ら率先して導入検討していれば結果は違っていたはずです。太陽光発電に向かない環境であれば設置を辞める決断も可能でした。