太陽光発電の売買による収入の仕組みは?

太陽光発電の売買による収入の仕組みは?

太陽光発電の売買による収入の仕組みは?

太陽光発電で貯めた電気を売買することで収入が得られますが
実際はどのような仕組みになっているのでしょうか。

 

太陽光発電をはじめとした再生可能エネルギーを利用した発電設備の電力を買い取る制度は
固定価格買取制度のもとで経済産業大臣が決定します。

 

この売買制度は住宅用と産業用で仕組みが異なります。
住宅用は導入の段階で10kW以下の太陽光発電を設置します。

 

そして発電した電気を住宅で使用し、余った分を売買することができます。
自宅で消費して残った電力を余剰電力といいます。

 

余剰電力は蓄電池を持っていないかぎり貯めておくことができないので
発電された瞬間に使い切られなかった分を、自宅につながっている送電線から電力会社に対して逆に送り買い取ってもらうというシステムです。

 

同様に産業用は導入の段階で10kW以上の太陽光発電を設置します。
産業用の場合は発電した電力のすべてを買い取ってもらうことが可能です。

 

発電できる電力が多いほど、収入も多くなる仕組みですが
初期費用との兼ね合いを考えて設置する必要があります。

収入を増やすにはどうすればいい?

太陽恋発電の売買に置いて収入を増やすためにできることを
いくつか紹介していきます。

 

自宅で消費して残った余剰電力を売買していく場合は
とにかく自宅で使用する電気の量を節約して余剰電力を増やすことを考えましょう。

 

昼間は家にいる人も少なく電気は使わない家庭が多いと思いますので
夜の電力をどれだけ節約できるかにかかってきます。

 

次に住宅用、産業用どちらにも共通して言えることですが
システムの内容で選ぶことで発熱量を増やすことも可能です。

 

面積当たりの発電量や電力変換率の高いソーラーパネルをよく調べて
コスト計算をして設置するという方法も重要になってきます。

 

また、適切にメンテナンスをすることで太陽光パネルの発電量を保つことができれば
寿命までの発電量を増やせる可能性も高まります。

 

今より高く電力を買ってくれる業者に切り替えるという方法も有力です。

 

国で定められた「固定価格」よりも高い値段で太陽光発電の電気を買い取ってくれる
「プレミアム買取事業者」と呼ばれる業者が存在します。

 

申し込みの必要はありますが、一度申し込みをするだけで
固定価格の期間中はずっとお得に電力の売買が出来るようになります。

 

小さな工夫で大きく電力や収入を伸ばすことは可能なので
是非とも取り入れたいものです。

関連ページ

雨漏りの原因と対策
ここでは「太陽光発電のトラブル事例|雨漏りの原因と対策」について紹介しています。太陽光発電を導入後、トラブルで困ってしまう方もいます。その為、事前に原因と対策をぜひ確認をしてみてください。
火災の原因と対策
ここでは「太陽光発電のトラブル事例|火災の原因と対策」について紹介しています。太陽光発電は電気を扱うので火災になる可能性もあります。その原因と対策はぜひご確認ください。
訪問販売は押し売りで危険?
ここでは「太陽光発電詐欺の巧妙な手口とは?安全な投資はウソ!?」について紹介しています。安全な投資だと言い寄ってくる販売員。騙されないようにご確認ください。
太陽光発電詐欺の巧妙な手口とは?
太陽光発電を設置している家庭が増えていますが、本当にすべての家庭で利益が出て得をしているのでしょうか?残念ながら太陽光発電で失敗した家庭があるのも事実です。損をしないためにもメリットデメリットを確認することをおすすめします。
太陽光はいくらで導入しても損はない?
ここでは「太陽光はいくらで導入しても損はない?本当に採算は合うの?」について紹介しています。太陽光発電はいくらで導入をしても採算が合うのでしょうか?注意点をまとめています。
太陽光発電の採算ラインは?
太陽光発電を設置している家庭が増えていますが、本当にすべての家庭で利益が出て得をしているのでしょうか?残念ながら太陽光発電で失敗した家庭があるのも事実です。損をしないためにもメリットデメリットを確認することをおすすめします。
家庭用太陽光発電で得をしているのは業者だけ?
ここでは「家庭用太陽光発電で得をしているのは業者だけ?元は取れるの?」について紹介しています。ソーラーの導入で損をしない為にもご確認ください。
個人で太陽光発電ビジネスに取組むリスクは?
ここでは「個人の太陽光発電ビジネスのリスクは?実態と将来展望は?」について紹介しています。クリーンエネルギーとして太陽光発電は注目を集めていますが、個人で取り組んでも採算はあうのでしょうか?その実態と将来展望について紹介しています。
利回りの注意点
ここでは「アパート経営で太陽光発電を導入する際の注意点|利回りに注意!」について紹介しています。利回り計算を間違えると、太陽光発電で失敗してしまうリスクが非常に高くなるので、ご注意ください。
ランニングコストとイニシャルコスト
ここでは「太陽光発電のランニングコストとイニシャルコストはいくらかかる?」について紹介します。コストがかかってしまい、結局損をしてしまった・・・という事がないようにご確認ください。
発電量計算方法
ここでは「太陽光の発電量計算方法は?間違った計算式で失敗しない為に」について紹介しています。太陽光発電の計算を間違えると、投資に失敗してしまう可能性が高くなります。損をしない為にも、確認してみて下さい。
7割が損をする?
ここでは「太陽光発電の7割が損をするって本当?」について紹介しています。本当に損をするのか?その理由について紹介しています。
太陽光発電で損をしてしまう理由とは?発電量が下がる原因は?
太陽光発電で損を被る事態は起こり得るのでしょうか。もし起きたとすれば、それはメーカーや業者に任せっきりだったのではないでしょうか。自ら率先して導入検討していれば結果は違っていたはずです。太陽光発電に向かない環境であれば設置を辞める決断も可能でした。