アパート経営で太陽光発電を導入する際の注意点|利回りに注意!

アパート経営で太陽光発電を導入する際の注意点|利回りに注意!

アパート経営で太陽光発電を導入する際の注意点|利回りに注意!

 

太陽光発電システムには非常用電源や売電収入などのメリットあるため、屋根の空いたスペースに太陽光パネルの導入を検討される方は非常に多いです。

 

太陽光発電は導入にかかる初期費用を銀行から融資を受けて調達し、屋根の上に設置を行う為、不動産のような投資にあたります。

 

いくら儲かって、初期費用を何年で返却できるのかを図る指標として、「利回り」という判断基準があります。

 

利回りとは利子を含めた「年間収益の投資金額に対する割合」をいいます。
モデルケースを使って計算してみましょう。

 

全国平均の、5kWの設置容量を持つ太陽光発電を導入したとします。

 

計算を簡単にする為に、導入費用が200万円(税込)で現金で購入した場合とローンで購入した場合を検討します。

 

一年間で20万円の発電を行ったとします。

 

現金で太陽光発電システムを購入した場合

 

200万円を一括現金で購入した場合、利回りは以下のようになります。

 

20万円 ÷ 200万円 ×100(%) = 10%となります。

 

「利回り10%の太陽光発電システムです。」という説明を受けた場合、言い換えると「10年間で元が取れて、それ以降は利益として得られる太陽光発電システムです。」という事になります。

 

ローンにて購入を行った場合

 

次に200万円をローン(金利2.65%、借入期間15年)で購入した場合を考えてみます。

 

15年間の総支払額は利息分約46万円をプラスして総額246万円となります。
約250万円かかったとして利回りを計算していきます。

 

20万円 ÷ 250万円 × 100(%) = 8%

 

このようにローンを組んだ方が利回りは低くなる事が分かります。

 

利回りが低いという事はそれだけ、投資した金額の回収が遅くなるためお金の回りは悪くなります。

 

借金の返済期間になにか問題があると、生活費から資金を持ち出す可能性もありますので、利回りが低い太陽光発電システムの導入は見送る事をおすすめします。

関連ページ

雨漏りの原因と対策
ここでは「太陽光発電のトラブル事例|雨漏りの原因と対策」について紹介しています。太陽光発電を導入後、トラブルで困ってしまう方もいます。その為、事前に原因と対策をぜひ確認をしてみてください。
火災の原因と対策
ここでは「太陽光発電のトラブル事例|火災の原因と対策」について紹介しています。太陽光発電は電気を扱うので火災になる可能性もあります。その原因と対策はぜひご確認ください。
訪問販売は押し売りで危険?
ここでは「太陽光発電詐欺の巧妙な手口とは?安全な投資はウソ!?」について紹介しています。安全な投資だと言い寄ってくる販売員。騙されないようにご確認ください。
太陽光発電詐欺の巧妙な手口とは?
太陽光発電を設置している家庭が増えていますが、本当にすべての家庭で利益が出て得をしているのでしょうか?残念ながら太陽光発電で失敗した家庭があるのも事実です。損をしないためにもメリットデメリットを確認することをおすすめします。
太陽光はいくらで導入しても損はない?
ここでは「太陽光はいくらで導入しても損はない?本当に採算は合うの?」について紹介しています。太陽光発電はいくらで導入をしても採算が合うのでしょうか?注意点をまとめています。
太陽光発電の採算ラインは?
太陽光発電を設置している家庭が増えていますが、本当にすべての家庭で利益が出て得をしているのでしょうか?残念ながら太陽光発電で失敗した家庭があるのも事実です。損をしないためにもメリットデメリットを確認することをおすすめします。
家庭用太陽光発電で得をしているのは業者だけ?
ここでは「家庭用太陽光発電で得をしているのは業者だけ?元は取れるの?」について紹介しています。ソーラーの導入で損をしない為にもご確認ください。
個人で太陽光発電ビジネスに取組むリスクは?
ここでは「個人の太陽光発電ビジネスのリスクは?実態と将来展望は?」について紹介しています。クリーンエネルギーとして太陽光発電は注目を集めていますが、個人で取り組んでも採算はあうのでしょうか?その実態と将来展望について紹介しています。
売買による収入の仕組みは?
ここでは「太陽光発電の売買による収入の仕組みは?」についてまとめています。導入をするにあたって収入の仕組みを理解し、収入を増やす知恵としてご活用下さい。
ランニングコストとイニシャルコスト
ここでは「太陽光発電のランニングコストとイニシャルコストはいくらかかる?」について紹介します。コストがかかってしまい、結局損をしてしまった・・・という事がないようにご確認ください。
発電量計算方法
ここでは「太陽光の発電量計算方法は?間違った計算式で失敗しない為に」について紹介しています。太陽光発電の計算を間違えると、投資に失敗してしまう可能性が高くなります。損をしない為にも、確認してみて下さい。