太陽光発電のランニングコストとイニシャルコストはいくらかかる?

太陽光発電のランニングコストとイニシャルコストはいくらかかる?

太陽光発電のランニングコストとイニシャルコストはいくらかかる?

 

太陽光発電の導入で良くある失敗として、最初にかかるイニシャルコストを含んでいなかったり、ランニングコストを含んでいなかった場合があります。

 

太陽光発電を導入した場合、初期費用を支払って導入したら後は収入が入ってくるだけと思っていませんか?

 

良くある太陽光発電のサイトでは「ランニングコストは全て保障の範囲なので一切費用が掛かりません!」と紹介していますが・・・

 

騙されてはいけません!

 

保証が切れた10年後20年後はどうなるのでしょうか?

 

太陽光発電システムは導入したら終わりでなく、導入後安定した稼働をして初めて売電収入が得られます。

 

つまり導入を検討する段階で、しっかりとランニングコストも踏まえてシミュレーションをしなければあなたは損をする可能性があるのです。

 

見積もりを甘くすると失敗をする可能性も非常に高くなってしまいます。

 

保証で全てまかなえます。という甘い誘惑に騙されないようにしてください!

太陽光発電設置後のランニングコストは?

 

太陽光発電のランニングコストですが、ほとんどがメンテナンス費用になります。

太陽光パネルのメンテナンス

 

取り付け部分のメンテナンス

 

パワーコンディショナーなどの周辺機器のメンテナンス

 

売電を止めるときは撤去工事費用

 

太陽光パネルは放置しておくと劣化のスピードが速くなって製品寿命が短くなる可能性もあります。
口コミや体験談を見ていても、「当初見積もっていた維持費が甘くて、メンテナンスが大変です。」という声があるぐらいです。
長く使い続ける為には、定期的にメンテナンスをして管理をする必要があるのです。

 

そこで、実際はどのくらいのコストがかかるのかを調べてみました。

 

太陽光発電のランニングコストは?

 

最初の保証期間は負担がいらないケースが多い

 

太陽光発電の保証期間
・太陽電池パネル:15〜20年前後
・周辺機器:10年前後

 

この保証期間内のメンテナンスであれば無料で行ってもらえるので、余程のことがない限りはランニングコストがかかることはありません。

 

 

保証が切れた後のランニングコストは?

 

保証が切れたあとにトラブルが発生した場合のケースについて紹介します。

 

パネルの交換:
太陽光パネルの交換をする場合は種類にもよりますが50から100万円ほどするものが多いです。

 

コーキングの補修:
屋根の雨漏りを防ぐコーキングは10年前後で補修が必要です。
この工事に20万円前後かかるものが多いです。

 

パワーコンディショナーの交換:
パワーコンデショナーの交換にはおよそ20万円ほどの費用がかかります。
頻繁に壊れるものでなく数十年に一度壊れるか壊れないか程度ですが、見積もりとして検討する事をおすすめします。

 

売電メーターの交換:
売電メーターは電力会社からの配布ではなく、個人での購入になるので交換時は3万円ほどのコストがかかってしまいます。

 

廃棄時のコスト:
太陽光発電を廃棄する場合は、取り外し工事と廃棄料金として30万円ほどはかかる事を認識しておきましょう。

 

 

 

一度に全て同時に壊れる可能性は限りなく低いのですが、10年以上稼働している場合はいつ壊れてもおかしくないと心つもりをして資金の準備をしておくことが、太陽光発電システムの導入で失敗しない方法です。

太陽光発電の導入のイニシャルコストは?

 

次に紹介するのが太陽光発電を導入するまでのイニシャルコストです。

 

「太陽光発電の損得は、このコストをどれだけ節約できるかで決まる!」と言われているほど重要なコストです。

 

太陽光発電のイニシャルコストは?

 

住宅用なのか、産業用なのか、またその規模によっても導入金額は変わります。
ここでは一般家庭に導入する場合のパネルサイズの平均値「3.5kWから4kW」を例にしてご説明いたします。

 

太陽光発電パネルは1kWいくらかが基本になります。

 

一時期は55万円も超えるくらい効果だった太陽光パネルですが、今では太陽光発電システムが普及し始めたことに後押しされ価格は降下しています。
現在のパネル価格の目安は1kWあたり30万円〜40万円程度で、各メーカーでの競争が激しくなっています。

 

つまり、3.5kwから4kWの太陽光システムを導入する場合のイニシャルコストは、150万円〜200万円が目安になります。

 

 

 

 

このように太陽光発電の導入にはイニシャルコストやランニングコストの検討が必要です。
ただ、一人で全てを把握するのはかなり労力が必要になるのでおすすめできません。

 

この解決策としておすすめなのが、無料の一括見積サービスです。
一括見積サービスを用いると、スマホからでも簡単1分ほどの入力作業で複数社の見積もりを貰う事が可能です。

 

ずっと一人で悩むよりは、その見積もりの中から、損をしない提案をしてくる業者を選ぶ事が一番の解決策ですよ。

 

太陽光発電 メリット デメリット

 

>>タイナビの公式HPはこちら

 

 

 

当サイト人気記事

 

太陽光発電 メリット デメリット太陽光発電のメリット・デメリット

 

太陽光発電 メリット デメリット失敗しない業者選びのポイント

 

 

関連ページ

雨漏りの原因と対策
ここでは「太陽光発電のトラブル事例|雨漏りの原因と対策」について紹介しています。太陽光発電を導入後、トラブルで困ってしまう方もいます。その為、事前に原因と対策をぜひ確認をしてみてください。
火災の原因と対策
ここでは「太陽光発電のトラブル事例|火災の原因と対策」について紹介しています。太陽光発電は電気を扱うので火災になる可能性もあります。その原因と対策はぜひご確認ください。
訪問販売は押し売りで危険?
ここでは「太陽光発電詐欺の巧妙な手口とは?安全な投資はウソ!?」について紹介しています。安全な投資だと言い寄ってくる販売員。騙されないようにご確認ください。
太陽光発電詐欺の巧妙な手口とは?
太陽光発電を設置している家庭が増えていますが、本当にすべての家庭で利益が出て得をしているのでしょうか?残念ながら太陽光発電で失敗した家庭があるのも事実です。損をしないためにもメリットデメリットを確認することをおすすめします。
太陽光はいくらで導入しても損はない?
ここでは「太陽光はいくらで導入しても損はない?本当に採算は合うの?」について紹介しています。太陽光発電はいくらで導入をしても採算が合うのでしょうか?注意点をまとめています。
太陽光発電の採算ラインは?
太陽光発電を設置している家庭が増えていますが、本当にすべての家庭で利益が出て得をしているのでしょうか?残念ながら太陽光発電で失敗した家庭があるのも事実です。損をしないためにもメリットデメリットを確認することをおすすめします。
家庭用太陽光発電で得をしているのは業者だけ?
ここでは「家庭用太陽光発電で得をしているのは業者だけ?元は取れるの?」について紹介しています。ソーラーの導入で損をしない為にもご確認ください。
個人で太陽光発電ビジネスに取組むリスクは?
ここでは「個人の太陽光発電ビジネスのリスクは?実態と将来展望は?」について紹介しています。クリーンエネルギーとして太陽光発電は注目を集めていますが、個人で取り組んでも採算はあうのでしょうか?その実態と将来展望について紹介しています。
売買による収入の仕組みは?
ここでは「太陽光発電の売買による収入の仕組みは?」についてまとめています。導入をするにあたって収入の仕組みを理解し、収入を増やす知恵としてご活用下さい。
利回りの注意点
ここでは「アパート経営で太陽光発電を導入する際の注意点|利回りに注意!」について紹介しています。利回り計算を間違えると、太陽光発電で失敗してしまうリスクが非常に高くなるので、ご注意ください。
発電量計算方法
ここでは「太陽光の発電量計算方法は?間違った計算式で失敗しない為に」について紹介しています。太陽光発電の計算を間違えると、投資に失敗してしまう可能性が高くなります。損をしない為にも、確認してみて下さい。
7割が損をする?
ここでは「太陽光発電の7割が損をするって本当?」について紹介しています。本当に損をするのか?その理由について紹介しています。
太陽光発電で損をしてしまう理由とは?発電量が下がる原因は?
太陽光発電で損を被る事態は起こり得るのでしょうか。もし起きたとすれば、それはメーカーや業者に任せっきりだったのではないでしょうか。自ら率先して導入検討していれば結果は違っていたはずです。太陽光発電に向かない環境であれば設置を辞める決断も可能でした。