個人の太陽光発電ビジネスのリスクは?実態と将来展望は?

個人の太陽光発電ビジネスのリスクは?実態と将来展望は?

個人での太陽光発電ビジネスのリスクは?

太陽光発電のシステムを利用したビジネスを始める人も増えています。
しかしそこで考えたいのはリスクという面です。

 

個人で太陽光発電ビジネスを手がけた場合のリスクについて見ていきましょう。

 

電気を売るということで考えると、まず設置の段階で考えることがあります。
それは10kW以下の住宅用にするか、10kW以上の産業用にするかということです。

 

住宅用にすれば初期費用は抑えられますが、発電量は伸びません。
売る電気が少ないということは収入としても伸び悩むことがあるということです。

 

住宅用の場合は発生した電気のすべてを買い取ってもらえるわけでなく
自宅で使用して余った分を売りに出せます。

 

始めやすい分、収入額も少なめだというリスクがあります。
一方で産業用の場合は発生した電気をすべて買い取ってもらえます。

 

しかし10kW以上の電力となると初期費用は跳ね上がります。
またパネルを置く広いスペースも確保しなければなりません。

 

発電できる電気の量は多くなるので収入も増えます。
リスクを軽減するには、初期費用をなるべく抑えて採算を取ることです。

 

導入する種類によってそれぞれリスクはあるということを
念頭に置いて検討していきたいですね。

太陽光事業の実態と将来の展望は?

太陽光発電を使ったビジネスにおいて現状どうなっているのか
また、将来性はあるのかなどを調べてみました。

 

現在は住宅用でも産業用でも発電した電気を
買い取るという制度が保障されています。

 

これは導入してから10年間は決められているものです。
住宅用は余り分を、産業用はすべてを売電することができます。

 

そんなことから今の実態は発電した電気を買い取るシステムが確立されているので
太陽光ビジネスも伸びている状態と言えるでしょう。

 

将来的な目線で見た時にどうなるかというと
電力会社によってはこの買い取りを中止する動きが始まっています。

 

これは太陽光発電ビジネスを考える人にとっては大きな不安材料になります。
しかしあくまで「中止」であって、また始まる可能性もゼロではありません。

 

売電単価の低下も気になるところです。

 

過去3年間を見てみると3年前は40円台だった売電単価が現在では38円まで低下
産業用の場合も29円になっています。

 

太陽光発電の普及に伴い、売電単価は年々下がっているので
将来的に単価が上がるかどうかは見通しが分からない状況です。

関連ページ

雨漏りの原因と対策
ここでは「太陽光発電のトラブル事例|雨漏りの原因と対策」について紹介しています。太陽光発電を導入後、トラブルで困ってしまう方もいます。その為、事前に原因と対策をぜひ確認をしてみてください。
火災の原因と対策
ここでは「太陽光発電のトラブル事例|火災の原因と対策」について紹介しています。太陽光発電は電気を扱うので火災になる可能性もあります。その原因と対策はぜひご確認ください。
トラブルで失敗しない為に注意する事
ここでは「太陽光発電の事故事例|トラブルで失敗しない為に注意する事」について紹介しています。太陽光発電は導入したら終わりではありません。トラブルで失敗しない為の注意点をまとめましたのでご確認ください。
訪問販売は押し売りで危険?
ここでは「太陽光発電詐欺の巧妙な手口とは?安全な投資はウソ!?」について紹介しています。安全な投資だと言い寄ってくる販売員。騙されないようにご確認ください。
太陽光発電詐欺の巧妙な手口とは?
太陽光発電を設置している家庭が増えていますが、本当にすべての家庭で利益が出て得をしているのでしょうか?残念ながら太陽光発電で失敗した家庭があるのも事実です。損をしないためにもメリットデメリットを確認することをおすすめします。
太陽光はいくらで導入しても損はない?
ここでは「太陽光はいくらで導入しても損はない?本当に採算は合うの?」について紹介しています。太陽光発電はいくらで導入をしても採算が合うのでしょうか?注意点をまとめています。
太陽光発電の採算ラインは?
太陽光発電を設置している家庭が増えていますが、本当にすべての家庭で利益が出て得をしているのでしょうか?残念ながら太陽光発電で失敗した家庭があるのも事実です。損をしないためにもメリットデメリットを確認することをおすすめします。
家庭用太陽光発電で得をしているのは業者だけ?
ここでは「家庭用太陽光発電で得をしているのは業者だけ?元は取れるの?」について紹介しています。ソーラーの導入で損をしない為にもご確認ください。
売買による収入の仕組みは?
ここでは「太陽光発電の売買による収入の仕組みは?」についてまとめています。導入をするにあたって収入の仕組みを理解し、収入を増やす知恵としてご活用下さい。