太陽光発電で損をしない為に注意する事

太陽光発電で損をしない為に注意する事

太陽光発電のトラブル事例|ソーラーパネル導入で損をしない為に注意する事

 

ここでは太陽光発電を導入した事によるトラブルについて紹介しています。

 

太陽光発電は不労所得性が高く、安定して毎日お金を生んでくれます。

 

生活費の足しにと導入を検討するかたも多いのですが、一方で必ずしも成功するわけではありません。

 

トラブルはつきもので、そのトラブルとどう付き合っていくのかが成功を分ける一つの分かれ道となります。

 

リスクを知って、その対策をとる事でソーラーパネルの設置で失敗する確率はぐっと少なくする事ができます。

 

太陽光発電を検討している方はぜひ参考にしてみて下さい。

太陽光発電で損をしない為に注意する事記事一覧

太陽光発電って悪徳業者が多いって聞いたから心配だなあ…だまされないためにはどうすればいいんだろう?買電や補助金など、お得な面がクローズアップされることの多い太陽光発電。将来的な投資として導入を考える人も増えている中、それにつけ込もうとする悪徳業者も後を断ちません。太陽光発電に関しては、きちんと対応をしてくれる信頼できる業者を選び、依頼することが必要ですが、有名な企業の名前をかたる業者もいます。悪徳...

太陽光発電を導入後、屋根の不具合に見舞われて悩むケースの原因第1位は雨漏りです。実に、トラブル相談事例の54.6%を占めているのが雨漏りです。ソーラーパネルを屋根の上に設置するのだから、雨よけになって防水工事が不要になるのではないか?と考える方も多いでしょう。ですが、太陽光発電を導入した際に意外にも起きやすいトラブルが雨漏りなんですね。ここでは、雨漏りの原因と対策について説明していきます。太陽光発...

太陽光発電のトラブルに火災があるのはご存知でしたか?太陽光発電システムにはパワーコンディショナーや接続箱、パネル、ケーブルなど様々な電気機器やケーブルを扱う為、実は火災トラブルの事例も多く報告されているのです。ここでは火災トラブルの主な原因と対策を説明していきます。太陽光発電導入による火災の原因3つ小動物がケーブルをかじり、断線だ生じた事による出火屋根上に後付けされたPVから出火した事案である。出...

太陽光発電は訪問販売員が突然訪ねてくるパターンもあります。そしてこの訪問販売でのトラブルが1番多いといわれています。訪問販売で騙されて失敗しないように、巧妙な手口を見ていきましょう。売電価格が下がる今がチャンスと煽る誘いよくあるのが、売電単価を話題に出す場合です。太陽光発電は発電した電力を、電力会社に売却する事で利益を得る仕組みです。この時に売却する電気代の単価は高ければ高いほど、儲かるので良いに...

太陽光発電の訪問販売では投資系詐欺が急増しています。投資系詐欺とは太陽光発電を設置することで儲けを出そうと持ちかけるものです。家庭用以外の太陽光発電は溜めた電気を売ることができます。それによりどんどん電気を溜めて売れば儲けになるとうたっているんですね。しかし実際は売電単価はそんなに高くはありません。それなのに大きな太陽光パネルを進められたり開いている土地に太陽光パネルを取りつけるよう誘導してくるケ...

一般家庭で太陽光発電を導入した場合に採算を取るまでの期間は以前の20年から縮小して10年と言われています。パネル自体の寿命が20年と言われていますが、10年で元が取れるなら良いですよね。実際に太陽光パネルを設置した場合、メンテナンス以外の費用はかかりません。とは言っても、導入時の費用は高額ですし躊躇ってしまうものです。ですから、誰もが採算を取りたいと思っているでしょう。家庭用の太陽光発電の場合、溜...

産業用太陽光発電を設置した場合の採算ラインを見ていきましょう。あくまで一例ですので、参考までに見てみてくださいね。家庭用と違うのは発電した電気を全て買い取ってもらえることです。しかし10kW以上となるので初期費用が割り増しになります。1kWあたりのシステム単価を50万円として計算していきます。10kWの導入なら500万円という計算になります。そこに補助金が3万円×4回で12万円なので導入時の初期費...

太陽光発電を導入する際に業者は1軒でも高価な利益になるのでもちろん得をしていることになります。特に今は太陽光発電の導入を考えているという人が増えているのでまだ知る人が少なかった時期よりも売りやすくなっています。訪問販売も以前より減っているように思います。それは訪問販売するまでもなく、利用者の方から代理店に訪ねてくることが増えたからですね。ですから、きちんと太陽光発電について説明が出来て、その良さを...

太陽光発電のシステムを利用したビジネスを始める人も増えています。しかしそこで考えたいのはリスクという面です。個人で太陽光発電ビジネスを手がけた場合のリスクについて見ていきましょう。電気を売るということで考えると、まず設置の段階で考えることがあります。それは10kW以下の住宅用にするか、10kW以上の産業用にするかということです。住宅用にすれば初期費用は抑えられますが、発電量は伸びません。売る電気が...

太陽光発電で貯めた電気を売買することで収入が得られますが実際はどのような仕組みになっているのでしょうか。太陽光発電をはじめとした再生可能エネルギーを利用した発電設備の電力を買い取る制度は固定価格買取制度のもとで経済産業大臣が決定します。この売買制度は住宅用と産業用で仕組みが異なります。住宅用は導入の段階で10kW以下の太陽光発電を設置します。そして発電した電気を住宅で使用し、余った分を売買すること...

太陽光発電システムには非常用電源や売電収入などのメリットあるため、屋根の空いたスペースに太陽光パネルの導入を検討される方は非常に多いです。太陽光発電は導入にかかる初期費用を銀行から融資を受けて調達し、屋根の上に設置を行う為、不動産のような投資にあたります。いくら儲かって、初期費用を何年で返却できるのかを図る指標として、「利回り」という判断基準があります。利回りとは利子を含めた「年間収益の投資金額に...

太陽光発電の導入で良くある失敗として、最初にかかるイニシャルコストを含んでいなかったり、ランニングコストを含んでいなかった場合があります。太陽光発電を導入した場合、初期費用を支払って導入したら後は収入が入ってくるだけと思っていませんか?良くある太陽光発電のサイトでは「ランニングコストは全て保障の範囲なので一切費用が掛かりません!」と紹介していますが・・・騙されてはいけません!保証が切れた10年後2...

実際に太陽光パネルを設置した場合に発電量の計算はどうやるのでしょう。おおまかでも発電量が計算できないと将来への見積もりも不明瞭です。そこで、発熱量の算出方法を紹介します。導入を検討している方は、一度確認してみて下さい。発電量の計算式について太陽光発電システムの発電量は、以下の2つの要素の掛け合わせになります。・太陽光パネルの発電量・太陽光発電システムのロス率まず太陽光パネルの発電量は以下の計算式で...

太陽光発電を設置した人の7割が損をしている!こんな記事が出回っていました。7割も損をしてしまうのであれば、事業や投資としては成り立たないですよね。そこで、調べてみると原因がメンテナンスにある事が分かりました。なんと、太陽光発電を導入した人の3割しか定期メンテナンスを行っていないということでした。要するに太陽光発電を導入した後は特になにもケアをしていない方が多かったという事なんです。太陽光発電システ...

太陽光発電で損をすることってあるの?発電量が下がるってどういうことなの?結論から言うと、太陽光発電で失敗をした方に共通することは、すべてを業者任せにした事です。その結果、いつまでも初期費用の回収ができないで頭を抱えてしまいます。しかし、太陽光発電はしっかりと導入検討を実施することで「ローリスク・ミドルリターン」な商品になります。発電量が下がるってどういうこと?太陽光発電は損をしにくいって嘘なの?こ...