家を建てる際に太陽光発電を導入するなら確認すべき3つの注意点!

家を建てる際に太陽光発電を導入するなら確認すべき3つの注意点!

新築の家を建てる場合に太陽光発電システムを導入するなら注意する事

 

せっかく新築を建てるのだから太陽光システムを導入するという人も増えています。

 

ですが、太陽光発電を導入した事により損をしたという口コミがあるのも事実です。

 

そこで、新築の家を建てる場合に太陽光発電システムを導入する場合に注意するべきポイントを紹介します。

 

新築の家を建てる場合に太陽光発電システムを導入するなら注意する事3つ

 

屋根の向きと角度

 

新築でソーラーパネルを設置する場合、屋根の向きに注意をしましょう。
最も日差しが降り注ぐのは南向きの屋根です。
屋根設計を行う際に、ソーラーパネルに十分な日光を取り入れる事ができるように南向きに設計を行いましょう。

 

また、もう一つ重要な点がソーラーパネルの角度です。
1年を通して一番日射量が多くなるのがソーラーパネルを30度前後に設定した時です。

 

設計した屋根の形状から、30度の角度でソーラーパネルを設置する事ができるのか確認を行いましょう。

 

周りの環境

 

周囲に太陽の日光を遮る建造物や障害物がないのか確認を行いましょう。

 

せっかく太陽光システムを導入しても、日光が遮られては十分な発電を行う事ができません。

 

周囲に新しく高さのある建造物が建設される予定がないのかも合わせて、業者や役場に確認するといいですよ。

 

自然災害や事故リスクに備える

 

太陽光発電は屋根の上に設置する電気機器なので、台風や雹などの自然災害の影響を受けやすいです。

 

また、太陽光発電を設置する事によって雨漏り火災のリスクもあります。

 

周辺に影となって日光を遮る障害物がないのか、火災の原因となる電線が屋根の近くを通っていないのか確認を行いましょう。
また、いざというリスクに備えて、保険に加入しておく事を強くおすすめします。

 

何か起きてからでは間に合わないので、火災保険や地震保険などには加入をしておきましょう。

 

業者選び

 

新築住宅を建ててくれる建設業者や工務店が太陽光発電の導入においても、安い費用で安心した工事をしてくれるかというとそうではありません。

 

住宅の建設のプロがいれば、太陽光発電システム導入のプロがいます。

 

太陽光発電で損をするのか、得をするのかを決めるのは設置価格で大半が決まります。

 

ましてや太陽光発電を導入する場合は、銀行から借り入れをして設置をするケースがほとんどです。
ローンを組んで数百万円の買い物をするわけですから失敗をするわけにはいきませんよね?

 

住宅販売業者の言いなりになるのではなく、かならずご自身でもいくつかの太陽光発電システムのプロである業者に確認をしましょう。

 

そして見積もりを比較をし、本当に収支のバランスが合うのか?損をしないのか?を比較検討しましょう。

 

 

 

当サイト人気記事

 

太陽光発電 メリット デメリット太陽光発電のメリット・デメリット

 

太陽光発電 メリット デメリット失敗しない業者選びのポイント

 

 

関連ページ

太陽光発電で注意する事3つ
「今年度の太陽光発電は得か?注意するポイント3つ」についてまとめています。損をしない為に注意する事はどんなことでしょうか?
マンションの太陽光発電はお得?
「マンションの太陽光発電はお得?本当に儲かる?」についてまとめた記事です。太陽光発電の導入で失敗しない為にはどうすればいいのでしょうか?
マンションのベランダの太陽光発電はお得?
ここでは「マンションのベランダの太陽光発電はお得?注意点は?」についてまとめています。マンションのベランダに太陽光発電を設置する場合は注意が必要なので、その点もまとめています。
古い家に太陽光発電を導入する際の注意点
「古い家に太陽光発電を導入するなら確認すべき3つの注意点!」についてまとめています。リフォーム時に太陽光発電を導入する場合は、損しないように注意が必要です。
アパートに太陽光発電を導入する際の注意点
太陽光発電を設置している家庭が増えていますが、本当にすべての家庭で利益が出て得をしているのでしょうか?残念ながら太陽光発電で失敗した家庭があるのも事実です。損をしないためにもメリットデメリットを確認することをおすすめします。