古い家に太陽光発電を導入するなら確認すべき3つの注意点!

古い家に太陽光発電を導入するなら確認すべき3つの注意点!

古い家に太陽光発電システムを導入するなら注意する事

 

太陽光発電システムは設置をするだけで、毎日数千円から数万円を稼いでくれる不労所得です。

 

太陽光発電のメリットもデメリットも把握したうえで、屋根の空いたスペースを有効活用したいと考える家主やマンション・アパートのオーナーも多いです。

 

実際に私も、賃貸経営をしているマンションやアパート、そして自宅の屋根にソーラーシステムを導入することを検討していました。
太陽光システムは新築を立てるときだけではなく、ずっと住んでいる築数十年の家にでも導入をすることが出来ます。

 

ただ、築年数が経っていればいるほど、太陽光発電システムの導入が一筋縄ではいかないもの確かです。

 

ここでは、既に建設済みの家にソーラーシステムを導入する場合の注意点を見ていきましょう。

 

古い家に太陽光発電システムを導入するなら注意すること3つ

 

耐久力があるのか確認が必要

 

屋根の耐久力が低い場合、導入が出来ずにリフォームで対応しなければならない可能性があります。

 

やはり築年数が古いほど、屋根も老朽化が進んでいます。
そのまま太陽光発電システムを導入するとその重みに耐えられない可能性があります。

 

見積もりを依頼した場合は、まずは今の屋根をチェックしてもらうことから始まります。

 

太陽光を導入するタイミング

 

例えば築30年の家に、太陽光発電システムを導入するとします。

 

今後、20年30年とリフォームにて老朽化の対応をするのであればいいのですが、10年後などに痛みが激しいからという理由で家を建て替えるとなれば、太陽光パネルも付け替え工事が発生します。

 

すると工事費用が倍になってしまうので、元を取るのが難しくなってきてしまいます。

 

太陽光発電システムの導入をする場合は、家の建て替えに合わせるなどのタイミングが重要になります。

 

設置場所の確認

 

太陽光発電で十分は利益を出す為には、屋根が南向きで、30度の角度でソーラーパネルの設置が出来るかが重要なポイントになってきます。この設置条件をクリアできるのかを、導入を決定する前に確認しましょう。

 

また、雪の多い地域や落雷の多い地域では太陽光発電システムには向きません。
日射量などの、年間の天候状況を業者に確認をしたり、気象庁のHPにて確認を行うようにしましょう。

 

そして、古い家の場合、家の周りに電線が張り巡らされている場合もあります。
ソーラーシステムは電気機器ですので、電線が触れる事によって火災が発生する可能性があります。

 

まずは、業者に太陽光発電の見積もりを依頼して現地調査にて本当に導入ができるのかチェックしてもらう事をおすすめします。

 

 

 

 

当サイト人気記事

 

太陽光発電 メリット デメリット太陽光発電のメリット・デメリット

 

太陽光発電 メリット デメリット失敗しない業者選びのポイント

 

 

関連ページ

太陽光発電で注意する事3つ
「今年度の太陽光発電は得か?注意するポイント3つ」についてまとめています。損をしない為に注意する事はどんなことでしょうか?
マンションの太陽光発電はお得?
「マンションの太陽光発電はお得?本当に儲かる?」についてまとめた記事です。太陽光発電の導入で失敗しない為にはどうすればいいのでしょうか?
マンションのベランダの太陽光発電はお得?
ここでは「マンションのベランダの太陽光発電はお得?注意点は?」についてまとめています。マンションのベランダに太陽光発電を設置する場合は注意が必要なので、その点もまとめています。
新築住宅に太陽光発電を導入する際の注意点
「家を建てる際に太陽光発電を導入するなら確認すべき3つの注意点!」についてまとめています。新築住宅で太陽光発電の導入を検討している方は、ぜひ確認してみて下さい。
アパートに太陽光発電を導入する際の注意点
太陽光発電を設置している家庭が増えていますが、本当にすべての家庭で利益が出て得をしているのでしょうか?残念ながら太陽光発電で失敗した家庭があるのも事実です。損をしないためにもメリットデメリットを確認することをおすすめします。